エフペシアの開発をしたのはインドの製薬会社ですが、飲むタイプのジェネリック育毛剤を作っている製薬会社の中では、実はここが一番有名な事をご存知でしたか?薬の品質も安心なので、まずはエフペシアを手に入れよう!

白と青のカプセルと瓶
News
    多色な薬

    AGAは男性特有の脱毛症であり、永続的に進行する症状になります。
    発症する年齢は人それぞれですが、発症した時点で脱毛、髪の毛の成長の阻害がはじまり、徐々に進行することで薄毛になります。
    AGAは男性ホルモンによる影響で発症し、主に前頭部と頭頂部が薄くなるとされています。
    AGAの原因となる男性ホルモンは髪の毛の成長を阻害し、ヘアサイクルを狂わせ、抜け毛を増やすため、AGAの原因となる男性ホルモンを抑制しなければ、薄毛は進行する一方になります。
    2016年現在、男性ホルモンを抑制する方法は限られ、主に医薬品の服用による抑制になっています。
    男性ホルモンを抑制する医薬品として有名なのはプロペシアという医薬品になりますが、AGAは長期的な治療が必要になるため、ある程度の支出が必要なプロペシアは経済的に負担となる可能性があります。
    そのため先発医薬品プロペシアと同等の効果を持ちながら、ジェネリック医薬品であるエフペシアなどが広く用いられるようになり、薄毛の男性のために世界中で販売されました。
    エフペシアがAGA対策に人気のある理由は効果の高さ、価格の安さだけでなく、使用が容易なことになります。
    エフペシアは錠剤の医薬品であり、飲むだけで脱毛を抑制する効果があるため、支障なく毎日使用することが可能になっています。
    エフペシアには脱毛抑制の有効成分であるフィナステリドが一錠につき1mg含有されています。
    1mgが一日に推奨される容量であり、エフペシアを一日一錠飲用することが、AGAの治療において最適とされています。
    エフペシアは服用する時間帯など、ある程度自由にはなっていますが、容量の制限を超えて服用することで副作用が出やすくなる可能性があるため、使用を続ける際には一日の容量を守る必要があります。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ